家財保険とは

火災保険には家財保険と呼ばれるものがあります。自分の住まいにある生活用品一式に対して付帯する保険です。持ち家・賃貸いずれにしても誰もが持っているものです。火災などが起こった場合、火はもちろんですが放水などで真っ先に駄目になる可能性があるものです。ここ数年では落雷による家電製品、パソコンへの被害などもあります。

家財保険という名前の保険商品があるわけではありません。持ち家であれば、火災保険をつける対象となる目的は建物と家財になります。(賃貸物件では家財のみ)このとき家財を目的に付帯する火災保険を「家財保険」などと呼びます。

家財というのはいわいる生活関連の動産全般です。TVやパソコン・冷蔵庫・洗濯機・エアコンなどのAV機器や家電、テーブル・タンス・布団・洋服・下着など生活するにおいての必需品です。

家財保険っていくらで設定する?正確な金額を設定するのであれば、自宅にある家財をすべてを確認(金額や個数)して評価します。しかし実際に自分で確認するのは大変です。保険会社に確認してもらうのも時間や手間がかかります。

実際には総務省の家計データーなどをもとに各社が世帯主の年齢や家族構成などから目安になる金額を表にして作っています。保険会社によって多少ばらつきはありますが、夫婦二人の場合、30歳で700万円・40歳で1,200万円程度。子供2人いるなら30歳で900万円・40歳で1,400万円程度です。(いずれも再調達価格)

単純にこの数字を見てそんなにある?もしくはないと思ったでしょうが、ぴったりその金額にしなければならないわけではありません。実態に即したかたちで調整は可能ですから契約時に担当者にご相談してみてください。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

取扱い物件エリア
堺市全域(堺区、北区、東区、中区、西区、南区、美原区)

連絡先 お問合せフォーム